リサイクルショップを初めてみよう!今から始める古物商入門

事業形態の選択

 ここでは、ネットショップのような無店舗販売型の店舗を念頭に解説していきます。どこでもどこにでも販売が出来るインターネットと中古品を取り扱っている古物商とは非常に相性が良い組み合わせにはなっているのですが、運営する上で注意しておかなかければならない点もいくつも存在します。これらの内容を把握せずに安易に始めたことからこけてしまうこともあり得ますので、しっかりと一つずつ確認していきましょう。

ネットショップのメリットとデメリット

 実際にお店を開業する人の多くは、自分のお店で顧客と直接対面して接客したい、交流したいという夢を抱いていることがおおいかと思います。しかし近年になってからはインターネットの普及により、ネットショップ上でだけ商売を始めたいという人も増えてきているのです。また、顧客自体も、そうしたネットショップに対しての抵抗が最近では薄れてきているため、実売に関しても、実際にお店があると無いとではそこまで変わらないといった結果も出ています。また開設自体も非常に容易で、費用も安く済むことから新規参入にはピッタリとも言えるでしょう。しかし、開業が容易であるからといって、運営自体が容易であるとは限りません。しっかりとノウハウやその特性を理解する必要があります。

ネットショップのメリット

店舗の維持費がかからない

 一番のメリットといえるのは、やはり店舗のリース代や維持費用などがほぼかからないという部分でしょう。月々の固定費を最小限に抑え、ビジネスを行えるということが大きなメリットと言えます。また、売買の仕組みの殆どは自動化が出来るため従業員は最悪自分一人か、親族の若い子にアルバイトを依頼するということも出来るでしょう。更に自宅を作業場にするのであれば、家賃とは別に倉庫代や店舗代が必要になるということもありません。しかし、実際に楽天市場といったネットショッピングモールなどに出店する場合には、出店料が別途生じてしまいます。しかし、それに関しても殆どが実店舗よりは安く済むケースがほとんどです。(楽天市場に関しては個人的にオススメ出来ませんが)また大量の在庫を保管管理するためにに倉庫をレンタルするという場合においても、実店舗を構えるよりは立地に関して妥協できますから、維持費を比較的安く済ませることが可能です。またアマゾンのような中古販売と倉庫管理サービスを兼ね揃えたものなどもあり、登録しておくと、自分の家で在庫を抱えずにアマゾンに在庫を起き、ビジネスが出来るため家が狭くても効率よく中古販売業を行うことが出来ると言えます。

広範囲を商圏とできる可能性がある

 さらに、ネットショップの場合ですと、ターゲットを全国、全世界レベルに設定することができるので、実店舗とは違い全く別の層に訴求していくことが出来るようになっています。しかし、年齢層が比較的若い層が多いということと、リテラシーの低い層は取り入れにくいという点があるので、最近だとスマホのアプリやスマートフォン対応サイトなどで対策していく必要があるかと思います。

 また注意が必要部分ですが、自宅でネットショップを運営するという場合においても、広告や宣伝をすることや、特定商取引法に基づいた表記を入れるという事は必要になってしまいます。特に、住所等の表示に関しても必須となることが多く、こうした場合は家主さんの許可をしっかりと取らなくてはいけません。

ネットショップのデメリット

間接的な取引だからこその難しさ

 ネットショップを未だに経験したことがない人にとっては、こうした直接対面しない形式の販売に関して、想像していた以上の負担を感じるという人も多いと言われています。

 接客が苦手だし、対面しない販売方式であるネットなら楽なんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、こうしたメールやネットのみのやりとりですと、お金を実際にしっかりと払ってもらえるのか、逆に払ってもらえたとしても無茶な返金要求やクレームをされるのではないかなど言ったリスクをどのくらい考慮すべきなのかを迷ってしまうという判断しづらさも多くあるのです。他にも様々なリスクやデメリットもありますので、そちらも紹介します。

常連客を作りにくい

 ネットショップは、常連客を作りにくいというデメリットも確かに存在します。特にこうしたネットショップに訪れる人の殆どは、何か明確なコンテンツが無い限りは、検索結果にひっかかったから来たといった理由や、広告経由で引っかかっただけということが非常に多いからです。このような顧客の場合は、商品が発送され注文が完了した時点で縁が切れてしまうということが多くあり、再び商品を購入しに来てくれるという仕組みに関して手を抜いていると、売上が伸び悩んでしまします。こうしたことから広告や宣伝費などが非常にかかるものともいえるでしょう。

在庫管理や梱包・配送作業は時間が取られる

 さらには、梱包や配送作業、在庫管理、データ入力といった雑務にかなりの時間がかかるということも問題だと言えます。入荷した物品をパソコンで管理して、実際に売れたらデータから削除し、梱包に関してもコストを下げながらも、商品に対するリスクが極限まで下がるような物を模索していかなくてはなりません。また商品を実際に発送するときも、商品を見たことのないお客さんに発送するということから、クレームや返品を極力回避するために、メール等で事前に詳細な説明をしなくてはなりません。梱包の作業も、実際にやってみると思ったより時間がかかり壁壁としてくるはずです。

店舗とネット、在庫管理には十分注意

 実際にネットショップを、実店舗と同時並行して運営するという人がたしかに多いものですが、もしもそのような併売を行っているのだとしたら在庫管理に関して要注意が必要です。併売のときは特に在庫管理に注意を払う必要が出てきます。店頭在庫をネットショップ在庫としても利用していると、ネットショップ側の注文が多くなったとき、店頭在庫がほとんどなくなってしまい、店の中が空になってしまう可能性があります。

 実店舗に訪問してくれる来店客を重視するのであれば、ネットショップ用の在庫は実店舗用在庫とはほぼ切り離して考えるようにして、それぞれがストック切れにならないよう注意しておきます。

品切れとキャッシュフロー

 特に、「販路拡大のため、ともかくネットショップも作ろう!」と軽い気持ちで開設し、開設当初から予想以上に売り上げがあるという嬉しい事態が生じたときこそ、要注意です。前述したような突発的な在庫不足に苛まれることの他にも、梱包や発送作業に時間が取られすぎて、思い通りに店舗経営ができなくなってしまったり、ネットショップ側の決済システムがクレジットカードを利用可能にしていたことによって、入金が数カ月先に伸びてしまい資金繰りが急激に厳しくなり、黒字破産してしまうといったリスクもあります。ネットショップは実在しない架空の空間に存在する店舗ではあるのですが、実際の店舗と同じように取扱って、しっかりと資金繰り表を制作するような、綿密な準備計画の上で取り組むほうがいいでしょう。

ちょっとした事が常連や口コミにつながる

 ネット上でのビジネスですと、ちょっとした心遣いが大きな口コミや常連客につながったりすることもあります。例えば、自分は、古本の清掃は勿論のこと、手作りの簡易カバーなどをサービスとしてつけていました。こちらは一枚の印刷単価が7円ほどで、梱包する時間のことも考えるとおおよそ一枚当たり17円と馬鹿にならないコストにはなりますが、カバーのデザインが良かったことと、無駄に宣伝臭いカバーにしなかったことで、普段使いのカバーとして利用され、結果としてそのカバーが広告塔となって、様々な人が自分の古書店について伝えてくれるという結果を生みました。

売りたい買いたい