リサイクルショップを初めてみよう!今から始める古物商入門

 古物商許可は実際には13の品目に分かれており、自分自身が取り扱う品目を明確にした、古物営業許可証の標識を営業所の見える場所に提示しなくてはなりません。WEBサイトの場合は古物営業法に基づく表記をサイト内に作り、営業所と定めた事業所においておけば良いだけですが、実際にどのような形の物を作らなければならないのでしょうか? 詳しく紹介していきます。

標識の様式

 古物商許可の標識は、古物営業法施行規則第11条、別記様式第13条にその様式が定められており、しっかりとしたルールにもとづき作成する必要があります。また許可を受けている業者であることと、逆に無許可営業の古物商ではないことが明確にわかるように、許可番号などを記載しなくてはなりません。様式については以下のように作らなければなりません。

プレートの様式で注意する点

  • 縦横8cm×16cm
  • 材質は、金属やプラスチックのような耐久性のある材質で、紙で作ったものはダメ。
  • 色は紺色の地に白い文字のものを使用する事。
  • 古物商許可の番号の記載が必須なので事前に作ることは出来ません。
  • 下部には営業車の氏名(古物商の氏名や営業所の名称)を記載します。
  • 個人で許可をとった場合は屋号で申請していても、氏名も記載しなくてはいけません。
  • 「何商」かという部分に関しては、営業所でメインに取り扱う古物区分を記載する必要があります。

主として取り扱う品目の名称

 特に古物商許可の部分と、メインに取り扱う古物の区分品名に関してですが、こちらは標識実際に作られるのであれば要注意が必要になってきます。品目が金券であれば「金券商」と記載すればいいように思うかもしれませんが、実際には「チケット商」と記載しなければなりませんし、自動二輪車および原動機付自転車については「オートバイ」、道具類については「道具」、皮革・ゴム製品については「皮革・ゴム製品」自転車類については「自転車」、事務機器類については「事務機器」、機械工具類については「機械工具」、美術品類のときは「美術品」、宝飾品類のときは「時計・宝飾品」、写真機類については「写真機」、と記載するようにと記載する用語まで明確に決まっているのです。

プレートの入手方法

プレートを入手するためには、実際にネットでの製作を依頼する方法と管轄警察署で購入する方法とがあります。後者のほうが一番楽で、また記載内容などの誤りが生じにくくはなっているのですが、場所によっては販売していない警察署もありますので、その場合は、ネット購入するとよいでしょう。ちなみにネット購入の方が価格自体は安くなっておりますが、しっかりとした書式になっているのかどうか前もって確認してから依頼をする必要があります。

古物商防犯協力会で購入する方法

 これに関しては警察署内で許可証が発行された際に案内されることがありますが、各地方に存在する団体でらう古物商防犯協力会と呼ばれる団体においてプレートを購入することも出来ます。また、この古物商防犯協力会では古物台帳といった、事務所等で必要になるものなども取り扱っており、古物商として必要な物が不足していると思うのであれば、古物商防犯協力会に相談し、必要と思うものを購入されるのもいいかもしれません。

ネット上のプレート業者から購入する方法

 それ以外でストやはりインターネットなどでの購入になります。この場合は古物商の標識、古物商のプレートを取り扱っている業者に発注し、制作することになるのですが、実際に記載する内容があっているのか、もしくは書式などがあっているのかについてはしっかりと確認する必要が出てきます。特に何商になるのかについてはしっかりと確認を取ってから依頼をするとよいでしょう。

売りたい買いたい
外壁塗装・外装リフォーム・屋根塗装なら|株式会社姫路樹脂化研は外装のスペシャリストだから安心!大切なお住まいだからこそ、病院のドクターと同じく専門知識と技術を備えたプロが徹底診断!適切な外壁塗装方法をお伝えします。